destiny is matter of choice

観光コンサルタント・宿泊コンサルタント。観光の今と旅のこと。お仕事のご依頼はDMまで♪

エッセイ

【エッセイ】インドは、命の在り場所の見えるところである。

” 十人の人が同じ情報を頭にぶち込んで、「自由の女神」を見た場合、皆同じようにしか見えないんだね。今の情報化社会の旅はこの病が恐ろしく深い。” これは、藤原新也が1960年代にインドを旅して書いた、「印度放浪」からの一節である。歳もあけて20…

30代ってこんなに悩むものなの?

あと5年、がむしゃらに仕事をしよう。 5年先、10年先の人生がみえないな、とふと思ってしまった。 仕事のでの目標はあるし、ある程度、満たされた毎日を送っているとは思う。 やりたいことリストをつくってみても、どこか、違うなと思ったり、あげている…

キラキラ、生きる。-旅する時間の話

キラキラ、生きる。 この一文に表現したことはなかったけれど、旅をする人生や時間に求めることはこの一言に尽きると思う。 「旅する人生」と表現したけれど、確かに人生は旅、だし旅は人生が短期間に凝縮されるので、人生どうあるか、みたいなことを考える…

エッセイ:文庫

文庫に一度入るとそのシリーズの中で守られることになる。 たとえ再販未定などとなっていたとしてもその記録は残されることになるし、文庫の出版履歴をもとに文献を探すこともできる。 また、個人の所有によって文庫となる本たちも、目録を作られ莫大だった…