読書話と妄想雑記:文章に惚れて始まる恋がこの世にあったらいいな。

 

あなたの文章に惚れました。

なんて素敵じゃない?

メールのやりとりが愛おしい。

なんか周りにちょっと秘密なのもドキドキする。

 

にやけ顏を隠して文庫本に顔を隠してみれば、その香りをあなたに伝えたくて、また微笑むの。

 

小川糸さんの日記ブログからの一言。

 

読書という旅に私の本を選んでくれてありがとう って。

うわぁ、読書って旅なんだ!

いつも表面ばかりひろってはせわしなく次に行っていたけど、そう考えたら、私、毎日旅が出来るんだなぁと思った。

 

今日の旅は小川糸さんの世界へ。明日は、エリザベスギルバートさんの世界へ。なんて素敵。

 

自分の憧れの人には、さらに憧れの人がいてそうやってお姉さんになっていくのね。素直の話を聞いて、周りの和に努めるようにしよう。

 

文庫本の隙間に鼻を埋めて匂いを嗅ぐのが好き。 落ち着く。

 

恋愛ではないけれど、限りなく恋愛に近い。相性がいい、息が合う関係を下心抜きにしたら複数持っていいんだなぁと思う。

 

謙虚であること、感謝すること、大変な時間こそ大切にすること。

 

関係はバーチャルだけど、彼の感じた幸せや気持ちはリアルだよね

 

最近ようやくブックカバーを使い始めたのだけれど、なんだか電車で本を読みやすくなった気がする。

 

そもそも、好きな作家さんて、性別問わずその人の紡ぐ物語と文章に惚れているわけで、

恋をするなら、素敵な文章を書く男性がいいな、なんて恋していない人間の妄想でした。