雑記:ヴィジュアライゼーション

将来を描く手法「ヴィジュアライゼーション」結果だけでなく、そこに辿りつくまでのひとつひとつプロセスを想像する

頭の中のイメージを変えるだけでパフォーマンスのレベルが変わる

複数のシナリオを描く

未来のストーリーを「現在」のものとして扱う

未来の自分を生きることで、目標とのギャップを縮める

記録更新を狙うアスリートも、「私にはできない」ではなく、「私は既にやり遂げた」と自分に言い聞かせる

 

(1) やらなくては、ならないこと=

 

 (2) やりたいこと=読書、準備、仕事

 

 (3) ヒマだからやっていること ここをかぎりなくゼロにする

 

1)自分にとって大きな意味を持つ具体的で現実的な目標を選ぶ

2)それを達成する決意をする

3)それを達成するために必要なプロセスを把握する

4)そのプロセスの一つひとつをうまく実現していく計画を立てる

5)目標に向かって努力している人たちと交流する

6)最後まで目標に意識を集中する

7)目標を達成したらお祝いする!

 

先延ばしをやめるための考え方

・やってみて、批判を受けたら、後から手直しをする
・忙しくてもやれるところまでやる
・完全でなくても、締め切りに遅れるよりまし
・やってみて、あまりうまくいかなさそうなら、その時になって軌道修正する
・やみくもに頑張るのでなく方法を探す
・とりあえずできそうなことからやってみる

 

タイムスケジュール

 

平日

0600 起床 朝の自由時間2時間

0800 朝食・身支度

0900 出勤

昼食時 読書

1900帰宅 読書

2000夕食

2145入浴

2215読書

2400就寝

 

休日

 

0600起床

 

フリー!

 

2400就寝

 

スケジュールに固定することにより、スケジュールする時間を節約する。

カレンダーの繰り返し機能を利用し、小さく調整する。