タイムマシンがあったら、未来と過去どちらに行く?

私は未来を選んで、それも未来に起きていることを過去に持ち帰って、それをあたかも自分が始めたことのようにちゃっかり得るタイプの人間だと思う。

 

大方自分が想像するものが先見性があって、未来に花開くのかを確認がしたいということもあるし、人類としての私たちの行く末をみたいし、見た後にそれを踏まえて行動をした時に影響を起こせるのか、

 

つまりは人は運命に抗えるのか?そもそも、運命はあるのか?ということが知りたい。

 

過去のことは、必ずしも伝聞が100%の真実だとは思わないけれど、書物を読んだり、史実を学ぶことである程度わかる、と思っていることにもあると思う。

 

それから、現在に満足しているにもかかわらず、過去に戻ったら別の選択を選びそうな自分が、今ある幸せを変わる過去からの現在でも手に入れられるとは限らないというのも怖いとも言えるだろう。

 

決して未来をしって悪巧みしようとも思わないけれど、未来に何か自分が思い描いた方向と良くない方向に異なる結果?があったとしたら、私はきっと奮起して思い通りにしてやるんだ!と行動の動機にするだろうということも言えると思う。

 

空飛ぶ車や、宙に映し出されるコンピュータ映像や、宇宙旅行の実現などどうなるの?と知りたいこともたくさんあるし、例えば今は常識とされている価値観がごわ~~~んと壊れることだってたくさん期待したいのだ。

 

自分個人の未来がどうなっているか、よりは社会がどうなっているのだろうか?ということの方が気になる。

 

例えば、人口が減少して日本語が死ぬ時に世界はどうなっているだろうとか、自分の住む町はどうなっているのだろうとか、今想像の中だけにある未来に行くことができたら、きっと今気にかけていることの大半はちっぽけでどうでも良く思えるんじゃないだろうか。

 

一番実現されていてほしい未来は、テレポーテーションで世界中の好きな場所に一瞬で旅ができて、弾丸旅行でお隣の国ではなく、まったくの異文化にどっぷりはまれるそんな未来だ。

 

そんな空想を思い描くと、小説や映画の中にある(あるいは現実にもいるかもしれない)タイムトラベルの研究者たちはどこかで未来から来た人に実際にあって、タイムトラベルを本当に実現出来る事柄として研究を始めたというそんな人生がこの世の中のどこかに今あってほしいな、なんて思う。