destiny is matter of choice

インテリアのこと、旅のこと、映画のこと、本のこと、ワークライフバランスのこと、札幌のこと。

死ぬまでにいきたい1000の場所

死ぬまでに生きたい1000の場所:アンナプルナ・サーキットを歩きたい

以前からあこがれのネパールでのヒマラヤ山脈を眺めてのトレッキング。 いついく?具体的な計画をスタートして、憧れを実行にうつすために、計画をスタートしました。 喫煙者なのですが、調べる限り今の自分の体力では不安が残るのでいよいよ本格的なトレー…

死ぬまでにいきたい1000の場所:⑥熊野古道

旅に求める要素は、人?遺跡?食?建築物? 人それぞれに旅に対するキーワードは人それぞれ、様々あれど、 「体験」「体を動かして、心を澄ませる」 ということは私の旅のキーワードだと思う。 20代は外に外に海外ばかりに目を向けていたけれど、 30代に…

死ぬまでにいきたい1000の場所:⑤ニュージーランドでスルーハイク

3年前旅の間に、クラウドワークスにまとめ記事を寄稿しました。 1回目のニュージーランドはキャンピングカーや レンタカーでの旅だったので、スルーハイクをすることができませんでした。 サイクリストの多さに驚いたし、 海外トレイルにもっと本気で触れ…

死ぬまでにいきたい1000の場所: ④パタゴニア

単純に自転車旅の聖地だから。

死ぬまでにいきたい1000の場所: ③ アイルランド

アイルランドに対する憧れは映画、P.S. I love you から。 島国だから自転車で回れるサイズ感とパブ文化。 どこか特定の観光地に憧れるということではなく、 評判を聞いて憧れが募る国。 都市は面白いとは思わない。 地方都市や田舎で過ごすゆったり感に 惹…

死ぬまでにいきたい1000の場所: ② トルコ

2012年ごろ、長期で「世界一周旅行もどき」に出た時に、 出国以前から一番行きたかった国がトルコでした。 アヤソフィアとカッパドキア、 Web常に溢れる画像からの憧れと、 シルクロードとか、 ヨーロッパでもアジアでもあるみたいな 両方に属しているという…

死ぬまでにいきたい1000の場所: ① ネパール エベレスト ベースキャンプ トレッキング

死ぬまでにいきたい1000の場所: 1日目 「ネパール エベレスト ベースキャンプ トレキング」 迷わず、1日目の選択は自分が1番いきたい、ここ。 会社勤めで合間に旅をするようになってからは、 「旅をするならベストシーズンに」という考えが強くなりま…

1000 PLACES TO SEE BEFORE YOU DIEを自分でやってみよう。

1000 PLACES TO SEE BEFORE YOU DIEを クリスマスギフトに頂いて喜んでいたのは、先日の話。 ふと、めくったページが自分にとって興味のない場所だったので、 それだったら1日1箇所自分がいきたいと思う場所を選べば、 1年後には本当に自分がいきたい場所…