voicyにはまっています(リスナー側)

 

 

はあちゅう・しみけんの結婚から今まで以上にはあちゅうさん関連のコンテンツにはまっています。

 

どうして私はネットコンテンツやブロガーさんにハマるんだろう?と疑問に思いながら、

単純に面白いコンテンツがネット界隈に集まっているからというのが答えなのかなと思いました。

 

別に発信していることにそんなに価値はなくて、

自己啓発的な内容は巷に出回る書籍と同様な内容が多いので、

結局のところ「ずばっと本質をコメントする力」が明日へのモチベーションになるということなのかな、と思いました。

 

というのも、数年前はイケハヤさん、はあちゅうさん界隈の情報を斜め読みしていると、

新しいトレンドがわかるから、というのがブログを拝読する理由でした。

 

けれど、30代の感性は20代、10代とは違うし、

いつまでもトレンド押しではないのかもしれません。

 

この二人以外にも著名人はいるけれど、おそらく文章が読みやすくて、

「クセのないライフスタイルより」なところが万人受けする理由なのだと思います。

 

20代の「若者いけいけコンテンツ」は正直、私は受け付けない。

 

何はともあれ、はあちゅうさんのvoicyにたどり着き、

もともと小学生時代にはローカルラジオにハマり、

105年前にはpodcastにはまった身としては、

音声コンテンツは相性のいい部類なのだと思います。

 

はあちゅうさんの声が想像以上に高くて、初めはなれないかな?と思っていたけれど、

歯に衣着せぬ人の喋りって面白いな~と過去放送分も拝聴。

 

その流れで、以前から聞いてみたかったオードリーのオールナイトニッポンを聞くために、radikoをインストールし、

voiceではイケハヤさんも聴き始めました。

 

イケハヤさんは「仮想通貨ラジオ」とはいうけれど、

今は低空飛行中な感じなのですが、voicyは人生論を語っていて、

シンプルにブランディングだけに使われていて、

しかも彼の話は面白かったです。

 

ラジオは話者が2名だと漫才的なものを聞いている関係ですが、

一人喋りのvoisyは面白い人生観を自分の好きな時に聞けるいいコンテンツだと思いました。

 

しかも、オーディオブックは内容が硬すぎるし1冊分て長いし、

だからといってラジオはくだらない話で息抜きようだし、

そう考えるとvoiceとかpodcastはやっぱり短時間でいいメンタルになる情報を注入してくれる素材なのだと思ったのでした。

 

 

podcast時代は、

ラジオ版学問のすすめ

武田鉄矢の今朝の三枚下ろし

 

がお気に入りでした。

 

イヤホンや外で音を聞くことは好きではないので、もっぱら休日にまとめて聞く感じですが、

音声コンテンツが楽しい今日この頃です。