destiny is matter of choice

インテリアのこと、旅のこと、映画のこと、本のこと、ワークライフバランスのこと、札幌のこと。

ストレングス・ファインダー2.0を5年ぶりに受けてみた結果

f:id:ayakokikuchi:20190613221658p:plain

 

2014年頃に受講していたストレングス・ファインダー。

 

 

destinyismatterofchoice.hatenablog.com

 

「もうすぐ受ける」とか言いながら、半年近く積ん読してしまいました。

 

一人の人間が受けた結果は数年でどのように変化するのか?

 

二度のテスト記録を比較してみます。

 

2014年の結果

 

  • Intellect ion 考えるのが好き 内省
  • Focus 他者に影響されない 目標志向
  • Input よく学ぶ 収集心
  • Futuristic 将来を具体的に見通す 未来志向
  • Maximizer 最善を求めてベストを尽くす 全力投球 最上志向

 

2019年6月の結果

 

  • Maximizer 強みをさらに昇華させ、他者をも導く。 最上志向
  • Significance 自主性を重要視し、評価を大切にする。 自我
  • Intellect ion 一人で頭を働かせて考えることを好み、洞察する。 内省
  • Input 好奇心旺盛に、よく学ぶ。 収集心
  • Activator 自ら意思決定し、行動から組織を活性化し、学び、成長させる。活発性

 

他者との関わりの中で、自我が強くなる反面、活発性特性で周りを巻き込み、最上志向で高い結果へとリーダーシップへの発揮をしはじめた。そのうらには、一人で自問自答し、学び続けることで活力を保ち続ける。

 

思い返すと2014年よりも2019年にかけては、自己を見つめ直す時間がたっぷりとありました。一人で過ごす時間がより増えたことで、独り者特性な素質がさらに伸びたことも結果から見受けられますし、2014年の結果を受けた際には未来志向が強かったので、「次はこの素質をどう生かすか」ということを文章化していました。

 

今は、地に足をつけてテスト受講前にある程度の結果が予見できます。自分の強みは熟知できるようになったので、日々の生活の変化が結果に現れて、大人になっても人は成長し続けることを身に持って体感できるように思います。

 

それは特に、体型が変化したり、体力や身体的なものは低下しても精神的には成熟を迎える中年期にさしかかってなお、ということなのかもしれません。

 

しかし、これからわかることは自己分析は若年のためのものだけでなく、青年期〜中年期の過渡期の世代にある30代にも有効だということがいえます。

 

私自身、10代の頃から苦手だった協調性や他者への影響を、社会的な立場に船頭してもらう形でまた以前とは異なった強みを見出し始めることにもなっていますし、そして30代の自己分析は中間管理職世代として部下の素質をいかに生かしてあげるか、という観点からも他者理解の前ステップは自己理解ですから、自分が自分にしてあげられるコミュニケーション教育の中でストレングス・ファインダーはとてもよくできていると再認識しました。

 

強みに着目するということは、「自身も他者もありのままの極端な部分もポジティブに認める」ということに他なりません。

 

また同じテストを数年後に受けるという行為は、定点観測として役立ちます。

たとえば、結果だけでなく、結果の受け取り方も自身が「自分一人だけをみつめていた2014年」から「社会や組織の中の自分が中心的見方の2019年」になっていることが、自身の感想からわかります。

 

強みの変化、というよりは数年歩んできた道の振り返りと、成長したね、というご褒美の認識のプレゼントになります。

 

こういった、自己認識テストには、前提がつきものですが、強みに着目して明日も楽しい1日を過ごしてゆきたいものです。

 

 

無駄な努力をしないように、段取り9割に力を注ぐ。

脱力系一点集中ワークのすすめ

 

1。成功している人のやり方を勉強する

2。やり方を考える

(時短になるように無駄を省く作業工程で実行する)

3。真似る

4。数の勝負でまずは量をこなす

5。区切りをもうけて、振り返りの時間を作る

6。1~5の繰り返し。

コーチング 問いかけがあったので、答えてみる

・一番の理想は?

 

旅と仕事のタイミングをいつでも好きな時に切り替えられること

 

・あなたにとって重要なことは?

 

やりたいことをしていること

 

・具体的には?

 

仕事のプロジェクト

 

・制約がないとしたら?

 

長期の歩き旅に出て、ひたすら歩く。

 

・他には?(リスト化する)

 

溜まっている本を読む

みたい映画を見る

行ったことのない気になるレストランへ行く。

1年くらい札幌に住みながら、隠居的に興味のあることを掘り下げる生活をする

仕事の締め切りに追われない生活をしてみる

 

・この中でもっとも効果的なのは?

 

1年くらい札幌に住みながら、隠居的に興味のあることを掘り下げる生活をする

 

・何があればできる/わかる?

 

継続しても楽しくない仕事が目の前にあれば

 

・まず何からやる?

 

仕事をしながら、コツコツやる。

 

まとめ

 

概して仕事では満足しているので、プライベートに改善箇所が集まっている。

更新中:2019年に読んだ面白い本

ここのところ、良質な読書体験に恵まれている。

 

多読をすると、10冊に1冊くらいでいい本に巡り会えるというその数値感覚が体に馴染んでくる。

 

ノンフィクション

 

空白の五マイル

 

本で床はぬけるのか

 

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?

 

運は創るもの

 

新世界

 

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

 

小説

 

本屋さんのダイアナ

 

校閲ガール

自分の好きと強み、方向性がわかる11の質問

 

「もっと知りたい・関わりたい」と思うことが好きなことである。

出典が定かでないのだけれど、メモに回答があったので共有する。

 

迷ったり、つまづいたりしたら単純に初心に戻って当たり前のことに目を向けなおして、原点回帰するだけで、すーっと腑に落ちることがあったりする。

 

と、いうか他のことにあれだこれだと手を出しすぎるよりも、シンプルな質問を投げかけて少しだけど濃くて太い回答があれば、正しい判断にすっと入れると思う。

 

いろんな表現があるけれど、冷静さや瞑想とかそういう類のものも、つまるところは根っこは同じことにつながっていたりする。

 

好きか嫌いかで物事を判断するべきではないけれど、迷った時にちょっとした参考にするのに次の11問に答えてみてほしい。

Q1. もっと知りたい・関わりたいことは何?

 

インテリアのこと

自分で決裁できる仕事をすること

本を読むこと

徒歩旅のこと

文章を書くこと

 

 

Q2. お金を払ってでも勉強したいことは?

センスアップのためのインテリアの勉強

 

Q3. 学校で好きだった科目は?

美術・技術・英語・歴史

 

 

Q4.これに出会えてよかったと思う分野やジャンルは何かありますか?

部屋づくり・徒歩旅

 

 

Q5. よく検索することは何ですか?

読書のこと・旅のこと・お笑いのこと・映画のこと

 

Q6. 小学生の時に夢中になっていた遊びは何か?

すごろく・絵を描くこと(洋服のデザイン画)

 

Q7. 今、社会において問題(課題)だと感じることは何ですか?

常識が通用しない20代が多いこと

チャレンジする空気感がないこと

 

Q8. これまでどんなことにお金(時間)を使ってきましたか?

本・旅・仕事のスキル

 

 

Q9. 克服してきた悩み、もしくはこれから解決したい悩みやコンプレックスは何ですか?

 

克服してきたこと:協調性がないこと、一つの場所で継続できないこと

解決したいこと:人に優しくすることで、もっと得をすること

 

Q10. これまで読んできた本のジャンルはどんなものが多いでしょうか?

 

旅・ビジネス関係・コミュニケーション

 

Q11. これまでの人生で世の中に対する「怒り」を感じたことは何ですか?

 

自分の存在意義を潰されること

やりたいことを押さえつけられること

 

自分がどんな人間だったかを再認識する

 

そうやって、まず地に足をつけてからゆっくり深呼吸をしてから道を選ぼう。

 

 

 

 

エッセイ:◯◯は、いらない。

電気ケトルが壊れました。

 

ニトリで3年前に購入した2000円の電気ケトル

 

湯沸しのスピードもそれなりに早くヘビロテしていたのですが、先日下から水漏れが発覚。

 

何度かぶつけていたので、それがよくなかったのか・・・。

 

重宝していたのですが、いい電気ケトルに買い換えるようか、悩んですぐに買わずに小手鍋でお湯を沸かしてコーヒーをいれたりして生活していました。

 

専用用途のものは、いらない。

 

慣れると鍋にお湯をいれてクッキングヒーターの電源を入れるのも、電気ケトルにお湯をいれて電源をいれるのも、同じことだと気がつきます。

 

電気ケトルが置いてあったカウンタースペースがあいて、すっきりしました。

 

電気ケトルは毎日のコーヒーとお茶を入れるために必須だと思っていたけど、なくなったら、鍋はお湯を出したらあとは自然乾燥にしておくし、ケトルと手間が何も変わらない。

 

ミニマリストを名乗る程でもない、ミニマリズム

 

本が好き、服が好き。好きなものは思いきり手元に置いて、余計なものは持たない。

 

その、余計なものはその人それぞれの物差しによって全然違っていいのです。

 

今、活用できているものを無理に捨てようとは思わないけれど、旅立つ日が来たら、次は今入るスタメンのフル活用で生活を回してみる。

 

家の中をぐるりとみまわしてみると結構そんなものがいる気がします。

 

洗濯洗剤は、いらない。

 

おうちの洗剤には、セスキソーダを粉で持っているのですが、セスキは洗濯洗剤にも使えることを知りませんでした。

 

お洋服の洗剤がなくなったら、一度買わずに過ごしてみようかと思います。

 

バスタオルは、いらない。

 

2年使い倒したバスタオルがクタクタになってしまったので、代わりに買ったのは4枚のフェイスタオル。2枚あれば、体を拭いてしっかりと髪の毛をタオルドライもできるし、洗濯ものも減りました。

 

流行りのカバンは、いらない。

 

愛用しているのは、もうポケットにちょっと穴があいたバックパック。昔登山用にかったものなのだけど、背負い心地と使い勝手がよくて、おしゃれじゃなくてもこれに変わる相棒を探そうと思わない。

 

30代中頃になって、ようやく20代の中頃から自分のお給料で買いためてきた愛着のスタメン一号たちも10年選手になってくること。

 

買った頃に、長いおつき合いを見据えていたものから、そうじゃないものまであります。

 

ファッションは5年もすれば、似合うものも変わってくるし年相応に楽しみたいから、長いつき合いのものにはまだ出会えていない。

 

ただ、下着やジーンズやTシャツ、靴はリピートする愛着ものはいます。

 

すぐにさよならするものは、いらない。

 

また10年先にも、相棒と思えるような道具や好きなものに囲まれて生活していたいな~と思うと、壊れたから、じゃ~あほい。という買い物を控えてみようと思います。

 

心から欲しくないものは、いらない。

 

今自分の周りを見回してみて、ふと机の上にいつもあるペンケースに目が留まりました。

 

魔女の宅急便のジジのペンケース。小ぶりで、長いものを入れれてないなどものすごく使い勝手がいいわけではないのだけれど、購入当時にアルバイトの給与ではちょっと負担が大きくて、半年近く欲しくて欲しくて買いたい気持ちを募らせていたもの。

 

結果、誰かに買ってもらうでもなく、思い切って買ったのだけれど、目がとれても直して、毛玉ができては毛づくろいをして、ついにヒゲがくたびれてきているのだけれど、あと5年先も一緒にいたいと思う。

 

買ったときのことを思い出しても、ずーっとほしかったときの手に入る前の気持ちを覚えています。

 

本当に好きなものに「だけ」、囲まれてみる。

 

好きなものに囲まれても、好きなもの「だけ」でなければ、感じられるちょっと幸せが小さい気がする。

 

やらないことリストよりも、やりたくないことリストを考える

やりたくないことは何か?

 

旅をしない生活

人に振り回される生活

自分で決断しないこと

人のレールに乗ること

仕事の後に家に帰った後に誰かと会うこと

図書館の本を返さなければならないリミットが頭をよぎる生活

似合わない服を着ること

人混み

休日に買い物にでて疲れること

自分で自分の限界を決めること

未来の可能性を狭めること

タバコを吸うことで、体力を減らすこと

プラスになることが予測できない人間関係

仕事(他者や社会への貢献)に人生の価値を見出していない人と時間を共にすること

ネガティブな人と時間を共にすること

努力しないこと

洗濯物をたたむこと

必要のないことに時間を割くこと

すでに持っているものと同じようなものにお金をかけること

同じ土地に二度旅に出ること

築き上げてきたことを手放すこと

継続しないこと