クリエイティブであること

なぜか子供の頃、美術や芸術は将来の仕事に結びつかないものだと思っていた。

でも今大人になってわかることは、洋服をつくるにも、何かプロダクトを作るにも、

製品そのもののパッケージと広告を作るにも、

デザインやセンスを問われるクリエイティブな仕事は

世の中にたくさんあることをしってびっくりした。

 

子供の世界からは、漫画、とかアニメ、とか、映画とか、

一握りの、少数の作家が紡ぎだすクリエイティブな仕事は、

選ばれし少ない人の仕事であって、

 

一般人はみな会社員という何をしているか子供からはよくわからない、

クリエイティブではない作業や事務ごとをしている仕事しかないように

思えていたのだ。

 

だけれど、実際には(大人になるとそれが当たり前にわかるのだけれど)、

作家さんの作品が売れるには他の人がクリエイティブな売り方をしてくれるから

それは売れて、

 

映像作品を作るには美術さんから撮影さんまで、

ものすごいクリエイティブな分業がそこにはなされているのだ。

 

今私がやっている建築も、

言葉通りに、建物や内装をつくるクリエイティブさもあれば、

会社の従業員を束ねてディレクションするクリエイティブさもあるし、

 

はたまた作ったものにどうやって集客するのか、

売り方・見せ方をクリエイティブにする方法もある。

 

実際に、技術として 他社のアイデアで上手にそれを作り上げる人もいれば、

技術よりもアイデアに優れているので、そちらに専念したほうが開花する才能もある。

 

ものは見方、とも言えるし、

どうして 

子供から見たつまらなさそうな大人の世界がワクワクしたものであったのか、

という謎解きはやはり 経験すればわかるということなのかもしれない。

まず自分の時間を、自分の人生の模索に費やす。

自分の頭で考えて、オリジナルの道を行くから楽しくてそれが継続できる。

 

はあちゅうさんの本が好き。

 

彼女は誰の真似でもなくて、自分の言葉で自分の目線で物事を切り取っている。

 

SNSが仕事な人は増えてきていて、3ヶ月や1年でそれをものにして、

そろそろ3年生。くらいの人の発信も追っているけれど、

 

その人たちは「自分の好きを仕事にする」ということをゴールとして、

そのために「SNSのフォロワーを増やす」という手段をゴールに差し替えている。

 

でも、その先を行ったそのお手本だった人たちは、

「好きを発信していたら、フォロワーが増えた」というような

計算や手段でないように見えるのだ。

 

そして、手段を用いて結果、好きを仕事にするを手にした人たちの、

共通点はおそらく、ものすごい量の人に会っているということだと思う。

 

実際にあって、自分のPRをして認知度を上げてそれで、好循環を生み出す。

 

でも、誰しもがそれに対して羞恥心を消すことはできないし、

私は人が近くにいると疲れてしまうので、そういった方法を楽しめないと思っている。

 

好きってなんだろう?

 

映画を観る時間が好き。

ロケーションに注目したり、

映画の中のインテリアから勉強して仕事の参考にするのが好き。

 

センスを高めるのが好き?

 

他人にあまり興味はなくて、内的に自分のことを考えることが好き。

だとしたら、その好きはクロスしないから、仕事にはならないのかもしれない。

 

 

好きなもの

 

映画(映像作品)

自転車

歩くこと

晴れの日

音楽ではなくて、ラジオ

パン

インテリア

読書

 

はあちゅうさんの言葉で、

 

中学生の夏休みに本を300冊読んだと先生に言ったら嘘をつくなといわれた。

というのがあった。

 

好きだとか、いや、わからないとか。

 

もやもやする前に、

人の人生をSNSで横断してすべての時間をそれに費やす前に、

 

まず自分の時間を、自分の人生の模索に費やす。

読書の深みについて

図書館から借りてきた積ん読に手をかけて、背表紙を読む。

同じ作家の二作品をならべて、今読みたい気分の一冊を選択する。

 

あとがきから、読んでみて「あ、私はこの本を以前に読んだことがあった」と気がつく。

 

あとがきを読むと小説を読むと同様に、「こんなに深い考察をできる人たち(書評をする人たち)」と自分の読書の読解レベルの差に唖然とする。

 

それでも、もっと本を読んでいたときは 深読みしながら本を読むこともできていたな~なんて、

筋トレと一緒で読解力のトレーニングを怠っていたことを思い知る。

 

小説は息抜きだし、映画よりももっと自分で思い描く、想像する力を駆使したいときにちょうどいい。

 

ちょっと時間を持て余していることに気がついて、昔とった杵柄を持ち直してみれば、

情熱が再熱するかもしれないと、思いながら読書している。

 

冬の夜実家の個室でどてらを着込んでコタツのように布団に入り、

読書していた頃に読んでいた本だったことを思い出した。

 

それでも、いい。

 

まだ読書のリハビリ中。

voicyにはまっています(リスナー側)

 

 

はあちゅう・しみけんの結婚から今まで以上にはあちゅうさん関連のコンテンツにはまっています。

 

どうして私はネットコンテンツやブロガーさんにハマるんだろう?と疑問に思いながら、

単純に面白いコンテンツがネット界隈に集まっているからというのが答えなのかなと思いました。

 

別に発信していることにそんなに価値はなくて、

自己啓発的な内容は巷に出回る書籍と同様な内容が多いので、

結局のところ「ずばっと本質をコメントする力」が明日へのモチベーションになるということなのかな、と思いました。

 

というのも、数年前はイケハヤさん、はあちゅうさん界隈の情報を斜め読みしていると、

新しいトレンドがわかるから、というのがブログを拝読する理由でした。

 

けれど、30代の感性は20代、10代とは違うし、

いつまでもトレンド押しではないのかもしれません。

 

この二人以外にも著名人はいるけれど、おそらく文章が読みやすくて、

「クセのないライフスタイルより」なところが万人受けする理由なのだと思います。

 

20代の「若者いけいけコンテンツ」は正直、私は受け付けない。

 

何はともあれ、はあちゅうさんのvoicyにたどり着き、

もともと小学生時代にはローカルラジオにハマり、

105年前にはpodcastにはまった身としては、

音声コンテンツは相性のいい部類なのだと思います。

 

はあちゅうさんの声が想像以上に高くて、初めはなれないかな?と思っていたけれど、

歯に衣着せぬ人の喋りって面白いな~と過去放送分も拝聴。

 

その流れで、以前から聞いてみたかったオードリーのオールナイトニッポンを聞くために、radikoをインストールし、

voiceではイケハヤさんも聴き始めました。

 

イケハヤさんは「仮想通貨ラジオ」とはいうけれど、

今は低空飛行中な感じなのですが、voicyは人生論を語っていて、

シンプルにブランディングだけに使われていて、

しかも彼の話は面白かったです。

 

ラジオは話者が2名だと漫才的なものを聞いている関係ですが、

一人喋りのvoisyは面白い人生観を自分の好きな時に聞けるいいコンテンツだと思いました。

 

しかも、オーディオブックは内容が硬すぎるし1冊分て長いし、

だからといってラジオはくだらない話で息抜きようだし、

そう考えるとvoiceとかpodcastはやっぱり短時間でいいメンタルになる情報を注入してくれる素材なのだと思ったのでした。

 

 

podcast時代は、

ラジオ版学問のすすめ

武田鉄矢の今朝の三枚下ろし

 

がお気に入りでした。

 

イヤホンや外で音を聞くことは好きではないので、もっぱら休日にまとめて聞く感じですが、

音声コンテンツが楽しい今日この頃です。

 

 

探偵はBARにいる3 レビュー・ロケーションまとめ

探偵はBARいる3をレンタル鑑賞したので、

ロケーションまとめをしておきます。

 

ロケ地を目的には旅しないけど、

ついでのロケ地めぐ理が好きです。

 

道産子でも、北海道大学の博物館とかいったことなかったし、

これを機に実際に回って後日まとめます!

 

それとあわせて、すすきの交差点なら周りの店をみたら

どちら側から撮影しているかわかったり、中島公園の青い交番とか、

やっぱり地元民にはロケーション探りが楽しすぎる映画鑑賞でした!!

 

1と2も以前見たのですが、ロケ地まとめをしたのは初だったので、

気が向いたら次回やります。

 

 

12:04  探偵が原田くんにKELLER OHATAのカードを渡すシーン

市電狸小路駅

ロッテリアの写り込みと吉野家アコムの看板

 

f:id:ayakokikuchi:20180909140738p:plain

 

高田が食べているのは、北菓楼の開拓おかきですが、

おそらく色からして増毛の甘エビ味!

f:id:ayakokikuchi:20180909140910p:plain

 

14:55 PURE HEARTに向かう探偵のシーン

青い交番と結婚式場グローヴ ウィズ アクアスタイル

f:id:ayakokikuchi:20180909140952p:plain

 

青い交番は中島公園角の交番。PURE HEARTの入っている建物は裏路地の結婚式場でした。

f:id:ayakokikuchi:20180909141103p:plain

 

18:35 高田と探偵が食事をしている焼肉・ホルモンや 

京城屋

 

f:id:ayakokikuchi:20180909141129p:plain

 

食事後も北城の部下にボコられて、マリが登場するワンシーンも路地で撮影されています。

 
25:12 探偵が相田に裸で漁船に括られるシーン

小樽高島漁港

f:id:ayakokikuchi:20180909141324p:plain

弁天島も写っています。

釣り船として、第五海仙丸も営業されていました。

http://dai5kaisenmaru.com/

 

 

36:17  探偵と高田が張り込みするマリの自宅?マンション

ティアラタワー中島倶楽部

 

f:id:ayakokikuchi:20180909141415p:plain

 

 

ちなみに張り込み中に探偵が食べているカステラ、

道産子からすると結構馴染みがあるんだけど、

これが初めて全国区でないことを知りました。

 

f:id:ayakokikuchi:20180909141428p:plain

 

調べてみたら旭川の高橋製菓株式会社さんという会社さんが作られています。

コンビニでもよく見かける北海道のばあちゃんたちは大抵これが好きなカステーラ、

北海道土産にいいと思う。

 

55:45 松尾が情報交換で探偵からGIVEandTAKEに失敗する場所 

北海道庁

f:id:ayakokikuchi:20180909141518p:plain

 

1:01 マリと探偵が乗る観覧車

ノルベサ

 

札幌唯一の観覧車 でも、

本当はあんなに眺めは良くない。

 

 

1:04 マリと探偵が飲み歩く繁華街

f:id:ayakokikuchi:20180909141705p:plain

おなじみすすきの交番前

 

 

 

1:08 高田の研究室

北海道大学総合博物館

 

f:id:ayakokikuchi:20180909141737p:plain

 

北海道大学は散歩によし、学食で食事してもよし。

建物を見ても一度はいってほしい場所。

ちなみに、北海道大学総合博物館は入場無料です。

 

1:10 探偵が北城に拉致されて連れ込まれるビル

キングムー

f:id:ayakokikuchi:20180909141837p:plain

 

 

中の撮影も行われています。

 

1:20 高田・マリ・探偵が屋上に逃げ込んで飛び降りる設定のビル

https://goo.gl/maps/pfTbC8kefEH2

 

f:id:ayakokikuchi:20180909141918p:plain

 

向かいのすすきのラフィラやジャンボパーキングの見え方からするとすすきの交差点向かいのマクドナルドかその左のビルの屋上で撮影していたようです。

 

トラックに飛び込んだシーンは別の路地で撮影のよう。

 

1:28 マリと北城の取引場所

サッポロファクトリー  アトリウム

 

1:29 マリの使っていたロッカー

北海道中央バス札幌ターミナル

 

f:id:ayakokikuchi:20180909142024p:plain

劇団四季の向かいの左門で高田と探偵が会話しています。

 

1:54 BAR KELLER OHATAから外に出て探偵が高田に餞別を渡すシーン

有馬ビル

 

f:id:ayakokikuchi:20180909142113p:plain

このおおたビルの裏にあります。

 

1:56 ラスト エンディングロール背景の路地

豊水すすきの駅から西側の通り

 

f:id:ayakokikuchi:20180909142152p:plain

 

エムグラム:性格診断好き

たまたま、ぽっちた他の方のはてなブログで紹介されていた性格診断。

 

無料版でサクサクだったので、やってみた。

 

無料版で確認できたのできたのは、

 

基本的な性格と、

f:id:ayakokikuchi:20180816183110p:plain

 

 

 

これから伸ばせそうな部分のこと。

f:id:ayakokikuchi:20180816183147p:plain

 

 

他の人よりも、あなたは〜〜なんですよ、という

他者との比較がわかりやすかったです。

 

f:id:ayakokikuchi:20180816183250p:plain

 

他者より特異ということは、

そこが短所でもあり長所でもある部分という受け取りをした。

 

#若干おとなしい #安全運転

 

という、「死んでもその要素私にはありませんよ。」と言い切れるくらい

判定違いが含まれる箇所が性格判断ででたのは、初めてだった。

 

普通、全項目になんとな〜く「うんうん。私そうやねん。」と言いたくなるのが、

性格診断だと思ってたのだけどエムグラムは違った。

 

ので、有料版までは購入せず。

仕事とか掘り下げたい部分が有料版だったのですが、

「絶対これ、はずれている」と言い切れるような

結果がふくまれると一銭も出したくない。

 

他人の性格を覗きたい方のために、結果リンクを貼っておく。

https://m-gram.com/share/LK10tEQnUr8BGQu-cLy

辛い時に文章を認めると、心が晴れる。

冬期うつ、雨の日の憂鬱と生理のときの倦怠感とイライラ。

 

病気だというまでの自覚はないものの、

初めの頃にこれが自然のサイクルなのだと理解できないときは、

気分のアップダウンが単純に激しい人間なのだと自己嫌悪に陥っていました。

 

生理の時には、必ずと言っていいほど人にイライラしてしまうし、

実際に避妊目的でピルを飲んでいた時に2年ほどの間その症状が出にくかったので、

PMSなのだな、という認識はありました。

 

だからと言って、あまり薬に頼りたくない。

それは体のサイクルは人間の証なのだから、

それを1ヶ月に一度ゆったりと時間を過ごす理由にしてしまって、

力まずに生きるというきっかけにしたいと思って今はあえて

服用する選択肢を取っていません。

 

PMSと同様に、

雨が連日続くと気分が落ち込み気味になります。

気象病などという名前もついているようで、

乗り物酔いしやすい人に起こりやすいとか、低気圧の影響なので、

耳のマッサージを解消に勧められていました。

 

PMSの場合はそうでもないのですが、

冬期うつにしても、雨の日の憂鬱にしても、

  • 「外に出たくない」
  • 「人と関わりたくない」
  • 「頑張ることをしたくない」

そんな共通の感情が生まれます。

 

そこでさらに

「だらだら過ごす自分は悪だ」とか、

「家にいるのにたまった勉強をしないなんて」と考えだすと、

さらに嫌な気分に拍車がかかるので、

 

「普段しっかり休んでいないから、ここで休んだところでトントンだ」

「休む必要のある時に、体が反応してくれているのだから、素直に受け入れよう」

と考えること。

 

そして、数日は自分で休みがコントロールできるような

働き方や立場を得られるように、日々の生活はしっかりとすること。

 

調子がいい時にしっかり貯金ができて他と比較しても優れている、

波があっても評価されるような働き方を普段からしていることが前提です。

 

管理職として、部下の成長のために管理に専念して、

その道筋を作ってあげることに専念することも大切です。

 

まだ、管理職でない場合は、求められる以上の結果を先回りして、

+aで成果を上げ続けることが大切です。

 

そして、会社という組織の中では、

受け身に「自分はこのポジションに行きたい」と公言する人が少ないので、

公言しなくとも、自分がコレだと思うものが見つかっているなら、

その業務の割合を日々の中で多く調整すること。

 

特に、これといったことがない場合は、

組織のために一番求められている場所や動きを率先すること。

 

いかに、日々向かう方向を「意識」して進むか、

それができていれば数日のブレも遅れも、

調整できるので気を病むようなことではなくなります。

 

現状を素直に受け止めて、争わない。ということが大切です。

 

私の場合は、こう言った生活が自分の標準なので、

早くて1日。そうでなくても3・4日で外に出ようという気分に復活できます。

 

休んでいることは、その時どうしても会社にいう必要があれば、

体調不良ですといいますし、

 

私は立場的にも業務的にも今は報告しなくても自分で調整できるので、

罪悪感を感じないようにあえて公言しません。

 

やまない雨はないと経験から知っているし、

休養をとること社会人としてメンテナンスをする必須項目なのです。

 

それでも、できる範囲で取り入れること

 

  • 本を読む
  • 文章を書いて胸のうちを整理する

 

非アクティブに見える行動も、アウトプットを伴うこともありますし、

れっきとしたストレス発散です。

 

意識をしなくとも、本を読むインプットと、

書く場所も私的なジャーナルの整理や日記だけでなく、

ブログにすることでしっかりそれが実は糧になります。

 

  • たまった洗濯物を片付ける
  • 家の中の掃除をする(ちょっとした部分の雑巾かけ程度)
  • アイロンかけ
  • 穴の空いた靴下の補修や毛玉とり
  • 靴磨き

 

身の回りを整理することで、気持ちが晴れます。

 

  • 普段はつけない蛍光色の明かりの下で過ごす
  • ホットコーヒーを飲む、暖かいお茶を入れる

 

明かりはセロトニンの関係で。

体に実際刺激を与えることをすることもします。

 

以下はハードルが高いので、やりません。

 

  • 入浴する
  • 家中を掃除する(掃除機をかける)
  • ストレッチする
  • お散歩に行く
  • 無理に勉強する

 

以下は、罪悪感がわきそうだけど、思い切って罪悪感を無視してやること。

 

  • 携帯電話はフライトモードにする
  • 映画・ドラマを見る
  • ネットサーフィンをする
  • いつもより、長く布団の中にいる

 

目的は、気持ちが晴れた時に通常の生活リズムに戻ることなので、

それが必要と判断されることならなんだってしてもいいのです。

 

そして、私は 生理の時、雨の日があまりにも続いた時、

晴れ間の少ない冬場など、おそらく3ヶ月に1回の周期くらいでこれにやられます。

 

ですが、

普段の成果の貯蓄と頑張りのバランス、

休日の消化などを考慮すると休むくらいがちょうど良いので、

「なるようにできている」という気の持ちようがなにより大切なのでしょう。