晴歩雨読とカフェで過ごす当たり前の休日

カフェ開拓は、第3の居場所探しだ。

 

休日になれば、街に出て居心地のいいカフェを探す。

 

カフェ好き女子は多いけれど、

それは多くの場合おしゃべりをゆっくり出来る場所だから。

 

私の場合は、とんとお一人様なので、

カフェに行くことがメインということはほとんどなくて、

 

  • 本を読みたいから 
  • 勉強に集中したいから 
  • インテリアの勉強になる空間に身を置きたいから

 

そしてそのとき気になる 食・本・場所・こと・アイテムとクロスしていって

1日1カフェがいいところだ。

 

スイーツは好きではないので、

もっぱら食事をしてもデザートのためにカフェを使うことはない。

 

カフェに行くというのは、

家にいたらダラダラと無駄に1日を過ごしてしまうのを知っているから。

 

ノーメイクにきちんとした服装に着替えずに過ごす自分を知っているから。

 

おこもりしなければならない。

緊急で社会と断絶されて、こもりたい。

そんなときは、もう事前に疲れがたまっているサインだから、

前日にもうスーパーで翌日3食分の食材を買い込む。

外に出なくていいように。

 

そうでなくても、連休でないということは、計画がとにかく立てにくい。

そんな週1日の休日では、

市内で レジェンド的に愛せる靴や鞄を1日1アイテム探す旅をする。

 

恐ろしいほどに、雨女な私は 図書館・カフェ・映画など長期旅に行けない休日は

もっぱら市内移動でインドアにすごすことになる。

 

それはそれで 晴歩雨読 でバランスがとれていいと思うけど。